京都十六社 朱印めぐり
  トップページ 朱印めぐりについて マップ リンク集  
熊野若王子神社 熊野神社 御霊神社 藤森神社 栗田神社
市比賣神社 岡崎神社 長岡天満宮 御香宮 わら天神宮 六孫王神社
  吉祥院天満宮 西院 春日神社 今宮神社 豊国神社  

新熊野神社 健康長寿 病魔退散 特にお腹守護

京都市東山区今熊野椥ノ森町42
電話番号 075-561-4892
ファックス番号 075-561-4892
御祭神
伊邪那美命(いざなみのみこと)を始め12社の神々
新熊野神社

能楽の碑
能楽の碑

周辺地図
新熊野神社 周辺地図


市バス「今熊野」下車徒歩2分
京阪電車「東福寺駅」下車12分
京阪電車「七条」下車15分
創建由緒
熊野信仰盛んな平安末期、後白河上皇は紀州国(和歌山県)の熊野の神を勧請、1160年熊野の新宮、新熊野神社を創建した。その際、熊野の土砂材木等で、社域を造成、社殿を造営、那智の浜の青白の小石をまき、熊野をここに再現した。社頭の大樟は当時、熊野より移植、上皇お手植、熊野の神降臨の霊樹と伝え、樹齢九百年、健康長寿・病魔退散・特にお腹の神と信じられ、参詣者が多い。本殿は京都市の重要文化財。尚、能楽の祖、観阿弥・世阿弥父子は1374年(応安7年)足利三代将軍義満台覧の下、有名な「新熊野神事猿楽」を演能、これが今日の能楽の礎となった。

主な神事・祭事
1月1日 新年祈願祭
成人の日 左義長神事
2月3日 節分祭
5月5日 神幸祭
6月30日 茅の輪(ちのわ)神事と夏越の祓式
秋分の日 大樟(くすのき)祭
11月23日 お火焚祭
12月23日 つなかけ祭
12月31日 大祓式
 
※「成人の日」「仲秋の名月」につきましては年によって実施日が変わりますのでご注意ください。

主な授与品
健康長寿
八咫烏
芸能上達
えんむすび
絵馬
八咫烏置物